1831年 天保2年

太田屋藤吉が駿河町(現 名古屋市東区東桜一丁目)にて味噌溜醸造を始める。
駿河町は名古屋城東門に位置し、名古屋と信州飯田を結ぶ飯田街道(現国道153号)の起点にあたる。
飯田街道は「塩の道」とも言われ、馬車がすれ違えるほどの当時としては大きな街道だった。
味噌溜の原料である塩と大豆を得易く、城下に商品を運びやすいことから大変繁盛し、仕込桶(30-40石)が最大で164本並んでいた。

1900年頃大正年間

駿河町周辺で貸家業を営む

1941年 昭和16年

名古屋味噌溜株式会社(現 キッコーナ株式会社)に合流
年間2500石の大豆需給実績(配給権)を合併譲渡

1945年 昭和20年

3月19日名古屋空襲により家屋・醸造施設等焼失

1950年 昭和25年

名古屋味噌溜(株)より独立 太田屋醸造株式会社設立(昭和26年2月18日設立登記)
守山小幡に約500坪の土地を取得

1954年 昭和29年

不動産賃貸業を行う菱太産業株式会社設立(8月設立登記)

1958年 昭和33年

イースタンビル本館 竣工

1960年 昭和35年

新栄ビル 竣工

1962年 昭和37年

イースタンビル北館 竣工

1972年 昭和47年

太田屋醸造守山倉庫及び工場完成
白醤油製造専業とし、他社ブランド製品の製造を請け負う。

1974年 昭和49年

ヒシタビル 竣工

1985年 昭和60年

菱太産業株式会社にコンピュータ事業部 開設
主に銀行システムの保守、開発を請けおう。

1994年 平成6年

ヒシタ会館 竣工

1997年 平成9年

白醤油の紹介やレシピ募集・公開などを行うホームページ開設

2009年 平成21年

菱太産業株式会社を存続会社として菱太産業(株)と太田屋醸造(株)を合併

2011年 平成23年

コンピュータ事業部 閉鎖(主要取引先だった銀行のシステムリニューアルによる)